アメリカはモーテル大国。なのでせっかく車で自由に旅するならモーテルを安く楽しく利用したい。そんなブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アメリカ・モーテルの旅のテクニック


 モーテルのいいところはその日その日で移動しながら泊まるところを決めていけばいいことです。なので、正直言えばモーテルを予約する意味はあくまでモーテルを臨時宿泊ではなく利用したい、というときになるかもしれません。

●現地到着が遅くなる場合に部屋がない可能性がある
●安いホテルが少なくモーテルをうまく利用したい
●長期間、車での観光や仕事で滞在するので駐車場料金も考えて安く抑えたい
●休日が重なるなどのため混雑が予想される

 以上のような場合は、実はモーテルといえども予約しておくほうがいいです。私も以前は「どうせモーテルならいつでもその場で泊まれるから大丈夫」と思って旅をしていました。しかし、1度どころか何度も「もう部屋はありません!」という目に会い、挙句、隣の小さな町まではるばる夜中にドライブ、なんてことも実際に起こりました。そのときの疲労感と不安感はもうゴメンです。とにかく、隣の町にいっても果たしてどこかあいているか?と考えながら運転する車の中の雰囲気となるともうヘトヘトになります。

 さて、モーテルの予約についてです。


モーテルを予約する場合に結構役に立ったのは実はホテルズコンバインドという予約サイトです。ここは世界のホテル料金を比較して一番安い料金の予約サイトで予約できるオンラインホテル予約サイトですが、アメリカのモーテルチェーンも相当抱えています。なので、行きたい町やモーテルの名前で検索すると、最低価格の予約エンジンからオンラインで予約できます。クレジットカードは必要ですが、キャンセルもそのホテルの規定に従い可能です。もし、今後モーテルを予約する際は一度試してみても損はないと思います。


アメリカはモーテルも大小限りないタイプがありますが、チェーンモーテルだけでも覚えておくと予約の際の判断にも多少楽です。

ベストウェスタン
ホリデイインエキスプレス
ラキンタイン
トラベロッジ

ラマダイン
クオリティイン
デイズイン
コンフォートイン
スパー8モーテル

モーテル6
エコノロッジ
レッドルーフイン


上から色違い順に、上級・中級・エコノミーという感じですが、モーテル自体がすでに安く滞在することを目的にしていますので、グレードの差といってもさほどは違いはありません。一応参考にしてみてください。おそらく予約料金も、同じ地域なら上記のような感じで少しずつ差が出るとは思います。アメリカは広いですね。


<さらにレンタカーを最安値で予約するには?>


モーテルの旅となれば、当然ですがレンタカーは必要です。そこで、レンタカー会社の中でどこが一番料金が安いかを検索するなら最適なサイトがレンタルカードットコムです。このサイトは、レンタルの場所や期間を指定して検索すると、ダラー、ハーツ、エイビスなどの世界の大手レンタカー会社での同条件でどこが一番安いかを瞬間的に検索してくれます。そのまま、すすめば予約も簡単で、さらに安心なのは予約のキャンセルや問い合わせも日本語で可能ということ。使わないのはちょっと損するくらいの便利サイトです。


スポンサーサイト
<ハワイでレンタカーを借りる>



ハワイでレンタカーとなると、選択肢は多いです。なので、何を基準に考えるか、で相当選択も変わると思います。ただ、案外変わらないのは、車そのものですので、結局どこで借りてもひどくメンテナンスが悪い車が出てきたりもしません。であるなら、やはり安いほうがいいでしょうか?

私なりの答えでは、安くて安心、と思っています。

今までハワイには50回以上行きました。ハワイ狂の1人です。小さな地元のレンタカー会社で借りたこともあります。大抵はさほど心配はないですので、やはり問題は「保険料金が高くつく、電話対応が悪い、説明が不十分、または最悪でブッキング忘れ」なども実際に経験しました。

それ以来、小さな会社では借りないほうが結果安心で割安だったりすることも気が付きました。もちろん、料金やキャンペーンなどは時期により多少変わりますから、ここで書いていることもいつも正しいというわけでもないです。ただ、一般論としては:

「大きな会社で割安なレンタカー会社を選ぶほうがいい」

という自分なりの結論で今もレンタカーの旅を続けています。私が予約で利用しているのはレンタルカードットコムという予約サイトです。これはとても便利なサイトで、大手のレンタカー会社の中でどこが一番料金が安いかを検索できます。このサイトは、レンタルの場所や期間を指定して検索すると、ダラー、ハーツ、エイビスなどの世界の大手レンタカー会社での同条件でどこが一番安いかを瞬間的に表示してくれます。そのまま、すすめば予約も簡単で、さらに安心なのは予約のキャンセルや問い合わせも日本語で可能ということ。使わないのはちょっと損するくらいの便利サイトです。激安での旅を目指すなら一度試してみて損はありません。



さて、ハワイについて空港で降りると、レンタカー会社のバスが車道を走っていますので、それに乗り込んでレンタカー駐車場まで行きましょう。その事務所で予約証明書(インターネット予約でもプリント可能です)かレンタカー会社からの予約確認メールを見せれば借り出しの手続きは楽に進みます。保険などはそのときに必要なものを申告すればいいはずです。




また、モーテルでの旅をしてきました。 今回は、ロサンゼルスからフェニックスに出て、ラスベガスそしてそこからサンフランシスコまでを出デスバレー経由で行きました。途中、ヨセミテに立ち寄ろうかと思いましたが、やはりあまりに時間がなくなってしまい、今回は辞めておきました。


モーテルは比較的よくなてちますね。 10年や20年前は、モーテルは本当に汚かったですが、いまは多少価格がおちてもそれなりにきれいなものです。


モーテルでは飛び込みでほとんど事足りましたが、帰国の前と到着日からの2日間だけはいつものようにホテルクラブを利用しました。


やはり便利です。このホテルクラブはモーテルの情報はかなり多いので、いつも重宝します。今回も予約に関しては、サイトをいろいろチェックしましたが、このホテルクラブか姉妹サイトのホテルアクセスにはかなわない感じでした。


食事も楽しめました。 今はアメリカの食事も本当にレベルアップしましたので、滞在が長くなってもなんとか欲求不満にはならずに終われます。


アメリカのホテルにも泊まることがあれば、一度はホテルの食事もホテルレストランでトライしてみるといいでしょう。本当に中級クラス以上のアメリカのホテルのレストランはレベルが上がりました。かつてはホテルでは高級ホテルじゃないととてもダメでした。


本当にアメリカもワイルドな国からクールできれいな国になってきた感想すら出ましたが、それももう何年もの間あの国を旅して金を使ってしまった結果でしょうね。まあ、それも事実です。





アメリカのレンタカー


レンタカーは、大手ではエイビス、バジェット、ハーツ、ダラーあたりが日本人にもなじみ深く、おそらくは安心して予約できるレンタカー会社でしょう。

そのうちのどれを利用するかとなると、やはり最初に料金の比較はしておくほうが得です。
そこで、レンタカー会社の中でどこが一番料金が安いかを検索するなら最適なサイトがレンタルカードットコムです。このサイトは、レンタルの場所や期間を指定して検索すると、ダラー、ハーツ、エイビスなどの世界の大手レンタカー会社での同条件でどこが一番安いかを瞬間的に検索してくれます。そのまま、すすめば予約も簡単で、さらに安心なのは予約のキャンセルや問い合わせも日本語で可能ということ。使わないのはちょっと損するくらいの便利サイトです。

<アメリカ ルート66をドライブで旅してモーテルに泊まる>


ルート66はアメリカをドライブ(レンタカー)で旅するときの憧れのルートかもしれません。今では、美しく舗装されたフリーウェイが完備されたアメリカですが、かつては、このルート66を使って西海岸から東海岸へ、またはその逆も同じように、おおくの旅人がこのルート66を利用しました。

いまでも、その面影は残っており、新しいフリーウェイを使う以外に、情緒ある古いアメリカの姿を見ながら進んでいくこともできます。道沿いには古いモーテルもあれば、カフェなどもところどころに出てきます。映画「バグダッドカフェ」に登場したカフェも、このルート66沿いにあります。

ルート66という呼び名はすでになく、過去の名前です。しかし、ところどころに道標などでその面影が残っているようですので、見つけたら記念写真などを取るのもいいかもしれません。

もちろん、このルート上のモーテルにも様々ありますので、行き当たりばったりで飛び込むのもいいでしょうし、ある程度見込みが立ったり、または休日前日などの場合は、予約を入れておいてもいいかもしれません。モーテルの数は多いところもあれば、エリアによってはかなり少ないですので、とくに大きな街を離れて旅して行く場合、不安があれば予約もいれておくのもいいです。

予約の際は、オンラインで事前予約するなら割引価格で予約でき、その上地図で場所も確認できる(地図なしの紹介もあります)ホテルクラブは利用しやすいです。
*ホテルクラブとモーテルの種類などについてはこちらで紹介しています。

詳しくはWikipediaなどでも書いてありますので参照されるといいでしょう。
アメリカ・カリフォルニアはドライブツアーのメッカです。おそらくアメリカでドライブといえば、ルート66なども有名ですが、私はカリフォルニアドライブが最も好きです。理由はドライブルートが限りなく多いからですが。

1)LAとサンフランシスコを結ぶ

これは1号線と101号線を使って北上、または南下します。ルート自体は迷うこともなく簡単でしょう。見所は限りなく多いです。LAからドライブするとマリブを通り、海岸線を行くだけで快適なドライブが実現できます。途中、1号線が海岸を走るようになってモントレーまでの道のりは、あまりに美しく雄大な海岸線を楽しみながら進んでいきます。
1日では最初は難しいかもしれませんので、そのときはしっかりモーテルをはしごして2日から3日程度でサンフランシスコまで到着するといいでしょう。

2)国立公園を走る

これも楽しいですね。
ヨセミテ、セコイア、タホ湖、デスバレーを経由してラスベガスまで、などカリフォルニアはドライブの醍醐味を本当に教えてくれます。国立公園の雄大さ、そして美しい大自然と動物達の姿を心行くまで堪能できるのもカリフォルニアドライブの楽しさです。

3)小さな街を訪ねる

LAやサンフランシスコからプチドライブで、小さな近郊の街をたずねて見ましょう。サンフランシスコなら、ナパ、モントレー、カーメル、などどこにいっても美しく素晴らしい旅情が楽しめます。
LAでは、パームスプリングス、サンディエゴ、ラホヤ、など南の町、そして海岸線をロングビーチから南下してみるのも素晴らしいツアーとなります。


モーテルの利用方法はこちらでご覧ください
 <ラスベガスモーテル>

最後の手段でラスベガスモーテル


 さて、この話はあまり価値はないかもしれませんが、念のため、です。ラスベガスでホテル、それも豪華なホテルの場合、一般的な予想ではどうしようもなく高額だから最初からモーテルにでも、という人も実は時々おられます。

 これ、ラスベガスに限っては間違いです。ラスベガスの場合、べラージオベネシアンなどの超高級ホテルからスターダストやリビエラ、サーカスサーカス、サハラなどの大型だけど古い部類のホテルまで、イベントがないときやかなり早く事前予約が出来る場合などは、料金は劇的に下がります。

 で、その場合は、モーテルとも値段はあまり変わらなくなります。まあ、時によりけりですが、下手するとモーテルより安い部屋も出ます。つまり、時期をしっかり見極めてから選べばモーテルより施設の整った快適なホテルにモーテル料金程度で泊まれることまであります。
 *もちろんモーテルは常に安くチェックインも便利ですので、その意味では大型ホテルより利便性はあります。大型ホテルを嫌うなら、モーテル一本で行きましょう!

 モーテル神話、モーテルは安い、というのはラスベガスの場合もちろん正しいですが、他のホテルも閑散期は料金が下がります。なので最初からモーテルだけを考えなくていいでしょう。

 なぜこんなことが起きるかというと、ラスベガスのホテルはほとんどがカジノで利益を上げています。カジノはほとんどのホテルの広大なフロア一杯に設置されています。つまり、ホテル側は1人でも多くの人に泊まってもらい、「カジノで遊んでもらうこと」で利益を上げようとしています。
 極端に言えば、カジノをしてもらえるなら、ホテル料金は限りなく安くてもいいわけです。

 なので、大型のホテルは閑散期などはどんどん低料金でお客を誘致します。しかし、モーテルはカジノがあるといってもほんの少しですし、それで利益を出すのではなくやはり宿泊での利益が先です。となると、次第にその料金差は少なくなってきます。

 ラスベガスの大型ホテルに時によって凄い低料金が登場する理由にはこんな話も真実として語られています。なので、自信をもって?正々堂々、いいホテルから料金はチェックしましょう。ホテルクラブなどの割引サイトでは相当先の料金まで知ることも出来ます。モーテルとホテル、両方が出てきますので比較するにもいいでしょう。


 ラスベガスでは泊まったホテルだけで滞在中遊ぶ、という概念はナンセンスです。どんな小さなホテルに泊まろうと、いいホテルに泊まろうと、どんどん好きなホテルに入っていって、カジノ、イベント、レストラン、バフェなど利用しましょう。でないと、ラスベガスを知ったことにもなりません。

 モーテルはラスベガスでももちろん便利です。たくさんあります。ホテル、モーテルどちらにしてもいいところはありますので、使い分けてましょう。

ラスベガスホテルの割引情報はこちらでも案内しています
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。