モーテル大国のアメリカをレンタカーでドライブして楽しむ情報
    
予約可能なモーテルを探す時に検索できるサイト<ホテズドットコム

紹介しているアメリカモーテルの件数が圧倒的に多いです。日本語サポートもあります。

レンタカーを日本語で最安値を探せるサイト<レンタルカーズドットコム

日本語サポートありの最安値検索&予約サイトで利用者が多いです。


デスバレーナショナルパークをレンタカーで横断



これだけ荒涼とした平原をドライブするのは、このデスバレーくらいでしょう。3日続けての記事となりましたが、デスバレーも一応ここで最後にします。

このビデオは、デスバレーのドライブを最もよく録画してると思いますので、最後にご紹介します。

デスバレーはとにかく、広いです。そして本当に暑いです。しかし、このスケールで自然を見れる場所は日本にはありません。そして、ドライブもとにかく規格外です。

ビデオでは23分頃から特に画面が一本道でなにも変わらない映像が延々と続きますが、これこそデスバレーのドライブそのものです。

下のビデオでは、ユニークなスポットをさらにクローズアップで見ることができます。あまりに暑いことと、海抜ゼロメートル以下にあるため、塩分が地表に浮いてしまってまるで他の惑星にでもいるかのようなイメージのスポットがでてきます。




デスバレーが観光地としてすばらしいかどうかは各自の判断になりますが、レンタカーでアメリカを走るときに、巨大でミステリアスで異次元のスケール感をもってせまりくるこの非現実感を、一度は走ってみてください。

この地球が一体全体どういうものかのか・・・・少なからず考えさせてくれます。


ただ、注意点があります。

とにかく、これほど広大なエリアを道がまっすぐ続くだけですので、信号もなくとかくスピードは出ます。気づかずにどんどん出ます。
必ずといっていいくらい、スピード違反の速度になりますので、そこは注意しましょう。

恥ずかしながら私も一度デスバレーに行く途中警察に追いかけられてつかまりました。ああ、やっちゃった・・・。と思って、困ってしまいました。あまりいい話ではないですが、そのときは「英語が全くわからない旅行者」になって、ひたすらカタコトの英語で謝りました。かなりドヤサレましたが、なんとその場はそれだけで許してくれました。必ず罰金はくるかと思いましたが、あまりに幸運でした。それ以来、スピードは注意してますが、こんなことのないようにどうぞ。

次に、これだけ広大なので、ホテルはすぐ目の前で探せるというのん気なことで考えないようにご注意ください。公園外の町に行くにも1時間や2時間かかります。そのうえ、そこに行ってもモーテルはせいぜい、数軒しかないので、満室も珍しくないです。

できるだけ予定がたつなら予約しておくほうが安全です。

デスバレーの宿泊施設リスト






レンタカーの最安値検索、さらにモーテルを予約しておきたい場合は下記からお進みください。


       yakukuyoyaku.jpg



できましたらワンクリックおねがいします
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ




ラスベガスをレンタカーでドライブ



ドライブルートMAP



前回の記事でラスベガスでは、ホテルに泊まっても十分安いということを書きましたが、ドライブそのものを楽しむならラスベガスは走りやすい街です。

ビデオでもわかりますが、とにかくメインストリートのサウス・ラスベガス・ブルバードは広い通りがずっとまっすぐ続きます。その間、両サイドには有名ホテルがズラリと並んでいますが、泊まるホテルだけでなく、これらのホテルを渡り歩くこと(ホテル・ホッピング)こそがラスベガス観光の醍醐味です。

ビデオで17分を過ぎる頃から、ストラトスフィア・ホテルの巨大なタワーを通過していきます。そのあたりからは、いわゆる「新しいラスベガス・ゾーン」が終わって、昔のラスベガスの町の中心部へと向かっていきます。明らかに街の雰囲気が変わりますので、見ていると再開発されたエリアとの違いが見えます。

最後にはラスベガスのダウンタウン(かつてのダウンタウン)に出て行きます。


ラスベガスはショッピングもレストランも、本当にピンからキリまでいくらでもありますので、どこに行って何をするかは各自の選択肢が無尽蔵にあります。事前にプランを立てて、歩き回りましょう。かなり広いですので、無駄な時間を使わないようにすることがラスベガス観光の基本です。



ホテルホッピングと街歩きツアーのビデオです



下記からラスベガスのホテル&モーテルの料金検索ができます

ラスベガスホテルリスト






レンタカーの最安値検索、さらにモーテルを予約しておきたい場合は下記からお進みください。


       yakukuyoyaku.jpg



できましたらワンクリックおねがいします
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ


bella1.jpg

ラスベガスでモーテル・・・あまりメリットないかも、です



なぜ、ラスベガスでモーテルを探す意味がないか。
それは、ホテルでも十分安いところが見つかる可能性があるからです。




ラスベガスは町全体がカジノで成り立っています。なので、とにかく宿泊客がいないかぎりカジノも成り立たないという前提になるため、ホテル側はとにかく客集めを優先します。

ということは、安かろうがなんだろうが、どれだけホテルに人数を多く泊まってもらうかということになるため、閑散期は特に顕著にホテルが安くなるのです。

逆に、ラスベガスで大イベントがあって町全体に人が溢れるときなどは一気にホテル料金も高くなります。その差は恐ろしく違います。たとえば、ハードロックホテルが安いときは1泊1部屋が70ドルなどになりますが、高くなると200ドルをこえてきます。同じく、サーカスサーカスなどは安くなると30ドルを下回るくらいバーゲンセール価格になり、うえになると100ドルもこえます。

これはどのホテルも100%ほぼ同様に価格が上下します。

では、いつもたいてい混雑していてなかなか閑散期が少ないかというと・・・そうではありません。案外。閑散期も多いです。つまりかなりいいホテルに安く泊まれるというメリットがラスベガスにはあるのです。

私もラスベガスでは、トレジャーアイランドに55ドルで泊まったこともあれば、パリス80ドル、ハードロックホテル65ドル、ミラージュ120ドルなど、普段は考えられない安い価格で何度も泊まっています。逆に繁忙期は困ったことに同様のホテルは倍以上になってしまっていました。

参考まで、ラスベガスではほぼ100%のホテルで駐車場は無料です。なので、この意味でもモーテルは使う意味はあまりありません。



モーテルは安いのか?


モーテルも数は多いです。なので、モーテルが好みならそれでも問題なく利用できます。

ただ、モーテルが良いのは、価格の変動はあるものの、たいていは安いということです。上述のとおり、日によってはモーテルに泊まるよりホテルに泊まるほうが安くなることも実際にあります。しかし、ホテルが繁忙期で料金が高いときは、モーテルをあたればとりあえず安い宿泊も可能になると思います。

モーテルはラスベガスのメインストリップのエリアからは少し離れた場所にあるので、観光や食事の移動ではやや面倒ですが、それでも車で移動するのはラスベガスではどこも同じなのであまり気にならなくなってきます。

下記からラスベガスのホテル&モーテルの料金検索ができます

ラスベガスホテルリスト




レンタカーの最安値検索、さらにモーテルを予約しておきたい場合は下記からお進みください。


       yakukuyoyaku.jpg



できましたらワンクリックおねがいします
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ


過激な道?

タイタスキャニオン・ロードでデスバレーを抜けてゆく




ルートMAP



昨日に続いて、デスバレーのドライブです。デスバレーの宿泊&モーテル情報などは昨日の記事に書いてありますので参考にしてください。



さて、タイタス・キャニオン・ロードは、デスバレーをネバダ州側からカリフォルニア州側に抜ける道です。一方通行です。詳しくは下の動画でも見れます。




<注意事項>
まず、この道は見てわかるとおり4WDでなくては走れません。もし、レンタカーで走る場合は、オフロード可能な4WDを借りた上で事前にレンタカー会社にこの道を走行可能かどうか確認を取るようにしてください。面倒なのですが、レンタカー会社によっては舗装していない道を走ってはいけないなどの規則にしていることもあります。そうなると、仮に事故でも起こすと保険が適用できなくなるなどのケースもあるようです。



この道は、とにかくドライブの醍醐味を味わえるルートなのは事実です。日本では考えられないスケール感と砂漠の荒涼とした風景が十二分に堪能できます。

おそらくこのドライブルートと同じ雰囲気を味わえる場所は、広いアメリカといえども他にはないでしょう。デスバレーという、特別なエリアだからこそ現れる月面ドライブのような光景は、あまりに現実離れしている雰囲気すらあります。

ただ、もし車をレンタルできて許可も降りるなら走ってみて損しないルートです。水と少しの食料を持っておくほうがいいでしょう。万一の場合、途中連絡を取れる方法はありませんので、安全のため携帯電話またはWIFIルーターなどを持つようにしましょう(つながるかどうかは場所によります)。



レンタカーの最安値検索、さらにモーテルを予約しておきたい場合は下記からお進みください。


       yakukuyoyaku.jpg



できましたらワンクリックおねがいします
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ



デスバレー国立公園の

アーチスト・ドライブをレンタカーで行く




ドライブルートMAP


デスバレーは延々と終わることのない荒野の砂漠風景の中をドライブしていきます。

その行程は、車であっても過酷な環境です。温度は高くなると軽く40度をこえますし、場合によっては50度を超えますので、夏はやめておくほうがいいかもしれません。秋だろうと冬だろうと、暑さは変わりません。


このビデオでは、巨大な公園の中のひとつのドライブルートであるアーチストドライブを進んでいきます。デスバレーの中では変化があって比較的砂漠の単調な風景から逃れることができます。

ドライブルートの駐車場を見つけたら車を降りて歩くと砂の絶景に出会い、巨大な乾いた岩山の中に迷い込むなど、このアーチストドライブでは、砂漠の中でも様々に変化する驚きの景色に次々遭遇します。

日本にいたら相像もできない月面のワンシーンのような風景ですが、その中でもアーチストパレットは、岩肌が様々な色に表情を変化させては、まさに絵の具のパレットのようにも見えます。なぜ、このように神秘的な光景が作られるのか、不思議な感覚でのドライブが続いていきます。


デスバレーへのアクセスは、ロサンゼルスからかラスベガスからとなります。どちらからでもルートはさほど難しくありません。

ただ、園内は広漠としてただ巨大ですが、宿泊施設は限られています。園内には公園が管理するホテル(ロッジ)がありますので、園内宿泊のときは早めに予約が必要です。割と早く満室になります。

デスバレーの宿泊施設リスト


デスバレーの外側には小さな町がいくつかありますので、それらの街にはモーテルもあります。

ロサンゼルス側の町では、ローンパインはこじんまりしてなかなか居心地の良い場所です。モーテルや小さなホテルがありますので、ここに泊まるのもいいでしょう→ ローンパインの宿泊施設

ラスベガス側では、もっとも近いところではショーションになりますが、ここは殺伐としていて特に楽しいこともありません。小さなモーテルの「ショショーン・イン」とレストランとガソリンスタンドがあるくらいですので、中継地点としての宿泊となります。

もう少し先までドライブするとベイカーの町がありますが、こちらはレストランも多くモーテルも少し多くあります。ここまでドライブするほうが選択肢は多くなります。




考え方によっては、これこそアメリカのドライブの醍醐味かもしれませんが、とにかく荒野を行く中で景色には表情がなく、ひたすら砂漠と岩山、そして高熱が襲ってきます。

私もかつてここには2度行っています。では、もう行きたくないかというと、全くそんなことはなく、いずれまた訪れたいと重いっています。殺伐として、ドライブも延々と続く中でも、地球の大きさを感じる貴重な経験だったと思います。やはりこの場所は行ってみる価値は大いにある地球のスポットなんだろうと思います。



レンタカーの最安値検索、さらにモーテルを予約しておきたい場合は下記からお進みください。


       yakukuyoyaku.jpg



できましたらワンクリックおねがいします
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ






ヨセミテ国立公園のグレイシャービュー・ポイントへ



ドライブルートMAP


ヨセミテ国立公園のトピックを3日連続となりますが、これで最後です。

今回のドライブがヨセミテ国立公園のドライブでは最も絶景を味わえるポイントへのドライブとなります。

ビデオでは、山へのルートを登ってくると最初の絶景を楽しめるトンネルポイントからグレイシャーポイントまでのドライブコーストなっていますが、ドライブも素晴らしいです。しかし、ここでは車を降りて頂上からの眺めを堪能しましょう。

地球が作り出した壮大な造形物を目にすると、なんともスケール感が違いすぎて、自分の存在が小さなものにさえ思えてきます。

この光景、この感覚は写真やビデオでは全く伝わりません。是非、車での旅のハイライトとして行ってみてください。時間をかけていく価値はあります。


尚、途中、スキー場があります。このスキー場はさほど大きくはありませんが、とても雪質もよく滑りやすいです。もし冬季にヨセミテに行くならスキーも選択できます。





レンタカーの最安値検索、さらにモーテルを予約しておきたい場合は下記からお進みください。


       yakukuyoyaku.jpg



できましたらワンクリックおねがいします
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ


バックメドウからヨセミテ国立公園へドライブ



ドライブルートMAP


昨日に続いてヨセミテ国立公園のドライブです。

今回はヨセミテ国立公園の入口にあるバックメドウという村のモーテルから「出発しています。

このモーテルを始め、予約可能なヨセミテのモーテルとロッジは数軒ありますので、このエリアにドライブしたり多目に時間を費やすなら予約しておくほうがいいです。

というのは、ヨセミテはその日にいってもなかなか宿がありません。すぐ埋まります。少し夕方まで遅くなってから公園を出ると、疲れていても宿がなくかなりの時間ドライブしないと宿がないとうことも本当にしばしばあります。

ヨセミテや国立公園へのドライブはできるなら予約しておくべきです。

ヨセミテのモーテルとロッジの予約リスト詳細


さて、ドライブルートのビデオを見ると、ヨセミテへ向かうルートからして自然が溢れる素晴らしい道であることがわかります。

2分30秒あたりの景色から、ヨセミテの壮大な自然の醍醐味がビデオに出てきます。

この景色を生で見て、本当に感動したのを今も思い出します。

ビデオでは見れませんんが、ヨセミテには美しい川もあり、滝もあります

ドライブの旅としてはお勧めできるコースのひとつです。





レンタカーの最安値検索、さらにモーテルを予約しておきたい場合は下記からお進みください。


       yakukuyoyaku.jpg



できましたらワンクリックおねがいします
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ