ラスベガス・レンタカー&モーテル

ここでは、「ラスベガス・レンタカー&モーテル」 に関する記事を紹介しています。
ラスベガスをレンタカーでドライブ



ドライブルートMAP



前回の記事でラスベガスでは、ホテルに泊まっても十分安いということを書きましたが、ドライブそのものを楽しむならラスベガスは走りやすい街です。

ビデオでもわかりますが、とにかくメインストリートのサウス・ラスベガス・ブルバードは広い通りがずっとまっすぐ続きます。その間、両サイドには有名ホテルがズラリと並んでいますが、泊まるホテルだけでなく、これらのホテルを渡り歩くこと(ホテル・ホッピング)こそがラスベガス観光の醍醐味です。

ビデオで17分を過ぎる頃から、ストラトスフィア・ホテルの巨大なタワーを通過していきます。そのあたりからは、いわゆる「新しいラスベガス・ゾーン」が終わって、昔のラスベガスの町の中心部へと向かっていきます。明らかに街の雰囲気が変わりますので、見ていると再開発されたエリアとの違いが見えます。

最後にはラスベガスのダウンタウン(かつてのダウンタウン)に出て行きます。


ラスベガスはショッピングもレストランも、本当にピンからキリまでいくらでもありますので、どこに行って何をするかは各自の選択肢が無尽蔵にあります。事前にプランを立てて、歩き回りましょう。かなり広いですので、無駄な時間を使わないようにすることがラスベガス観光の基本です。



ホテルホッピングと街歩きツアーのビデオです



下記からラスベガスのホテル&モーテルの料金検索ができます

ラスベガスホテルリスト






レンタカーの最安値検索、さらにモーテルを予約しておきたい場合は下記からお進みください。


       yakukuyoyaku.jpg



できましたらワンクリックおねがいします
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ


bella1.jpg

ラスベガスでモーテル・・・あまりメリットないかも、です



なぜ、ラスベガスでモーテルを探す意味がないか。
それは、ホテルでも十分安いところが見つかる可能性があるからです。




ラスベガスは町全体がカジノで成り立っています。なので、とにかく宿泊客がいないかぎりカジノも成り立たないという前提になるため、ホテル側はとにかく客集めを優先します。

ということは、安かろうがなんだろうが、どれだけホテルに人数を多く泊まってもらうかということになるため、閑散期は特に顕著にホテルが安くなるのです。

逆に、ラスベガスで大イベントがあって町全体に人が溢れるときなどは一気にホテル料金も高くなります。その差は恐ろしく違います。たとえば、ハードロックホテルが安いときは1泊1部屋が70ドルなどになりますが、高くなると200ドルをこえてきます。同じく、サーカスサーカスなどは安くなると30ドルを下回るくらいバーゲンセール価格になり、うえになると100ドルもこえます。

これはどのホテルも100%ほぼ同様に価格が上下します。

では、いつもたいてい混雑していてなかなか閑散期が少ないかというと・・・そうではありません。案外。閑散期も多いです。つまりかなりいいホテルに安く泊まれるというメリットがラスベガスにはあるのです。

私もラスベガスでは、トレジャーアイランドに55ドルで泊まったこともあれば、パリス80ドル、ハードロックホテル65ドル、ミラージュ120ドルなど、普段は考えられない安い価格で何度も泊まっています。逆に繁忙期は困ったことに同様のホテルは倍以上になってしまっていました。

参考まで、ラスベガスではほぼ100%のホテルで駐車場は無料です。なので、この意味でもモーテルは使う意味はあまりありません。



モーテルは安いのか?


モーテルも数は多いです。なので、モーテルが好みならそれでも問題なく利用できます。

ただ、モーテルが良いのは、価格の変動はあるものの、たいていは安いということです。上述のとおり、日によってはモーテルに泊まるよりホテルに泊まるほうが安くなることも実際にあります。しかし、ホテルが繁忙期で料金が高いときは、モーテルをあたればとりあえず安い宿泊も可能になると思います。

モーテルはラスベガスのメインストリップのエリアからは少し離れた場所にあるので、観光や食事の移動ではやや面倒ですが、それでも車で移動するのはラスベガスではどこも同じなのであまり気にならなくなってきます。

下記からラスベガスのホテル&モーテルの料金検索ができます

ラスベガスホテルリスト




レンタカーの最安値検索、さらにモーテルを予約しておきたい場合は下記からお進みください。


       yakukuyoyaku.jpg



できましたらワンクリックおねがいします
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ


ラスベガスからグランドキャニオンへドライブ



ドライブルートMAP



ルートMAPの通り、ラスベガスのバリーズホテルの前からスタートします。ビデオではスタートして少しすると右手にホテル・ベラージオ、左手にホテル・シーザースパレスを見ながら進み、バリーズホテルが出てきたところで右折します。

そのまま進み、ラスベガスブルーバードを南下していきます。豪華なホテルが次々に現れてきて、ラスベガスならではの光景です。

MGMとニューヨーク・ニューヨークのある有名な交差点、フォーコーナーを通り過ぎ、ルクソール、マンダレイベイなどを右手に見て、いよいよグランドキャニオンへと向かいます。


このドライブは難しいところはほとんどありません。入り組んだ交差点もなく、進路はひたすらまっすぐが続きます。

3:15 このあたりから、ヘンダーソンの街にさしかかります。もしガソリンがなかったり、食事がまだのときはこの街で済ませたほうがいいでしょう。ガソリンはまだ先にも給油できる街はでてきますが、食事はだんだん少なくなり、あってもあまりおいしいものにはありつけない可能性が高くなります。ドライブ時間は合計5~6時間はかかります。

4:30 このあたりで、有名なフーバーダムが現れます。かつて、ニューディール政策という不況対策で我々も教科書で習った記憶がある場所です。スーパーマンなどの映画にも登場しているいわゆるアメリカの有名なスポットのひとつです。

このビデオのルートはグランドキャニオンのサウスリムのほうに向かっています。もうひとつノースリムのほうからのアプローチもありますが、醍醐味や楽しみ方の豊富さを考えるとサウスリムのほうを最初はお勧めします。

最後にサウスリムのロッジに到着して旅が終わります。


グランドキャニオンの宿泊施設も検索できます→グランドキャニオンの宿泊施設




見てわかるとおり、夕暮れがくると一気に真っ暗になります。時間には十分余裕をみてスタートしないと、不安と怖さを抱えてのドライブになります。

要注意です。


しかし、とても楽しいドライブルートでもあります。砂漠だらけですが、それをもこえて見えてくる雄大なグランド・キャニオンは絶対に行く価値はあります。

また、この場所からさらに、パワースポットとして有名なセドナに抜けることもできます。それはまた次回以降取り上げたいと思います。




レンタカーの最安値検索、さらにモーテルを予約しておきたい場合は下記からお進みください。


       yakukuyoyaku.jpg



できましたらワンクリックおねがいします
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ