FC2ブログ

ラスベガス・ホテルへドライブ

ここでは、「ラスベガス・ホテルへドライブ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リオ・オールスイートにドライブ、ワインテイスティングを楽しむ



Wine Cellar & Tasting RoomのMAP



リオ・オールスイート・ラスベガスに泊まらないとしても、ここのワインテイスティングルームはなかなか素晴らしいコレクションですので、ワインファンなら楽しめます。

リオ・オールスイートは中央の通りのサウス・ラスベガス・ブルバードからは15分位ドライブすると到着します。レンタカーがないと、ここはアクセスが非常に面倒ですが、レンタカーがあればスイスイ簡単です。


1万本以上のワインコレクション


上のビデオのように地下に降りていくとワインセラーがあり、そこでテイスティングを楽しむことができます。ビデオでは、相当ゲストがいてこみ合ってますが、これはなにかのイベントだと思います。ここまで普段は混むことはないので、気軽に地下に降りていきましょう。

ワインセラーに行くと、とにかく圧倒されるほどの量がありますので、どれをテイスティングするかとなると本当に迷います。しかし、一応お店のほうでお勧めのテイスティングリストがありますので、そこから選ぶようにしたほうがいいかもしれません。特別なボトルを開けるといくらかかるかわからないので・・・。

テイスティングリストは、3~5種類くらいのワインをセットにしていて、様々な価格がありますが、それでもワンセットで20ドルから50ドルくらいでテイスティングできたように思います。グラスで飲む場合は、メニューになっているのでそこからオーダーします。

win.jpg


ヨーロッパのワインから、カナダ、ニュージーランド、オーストラリア、南米のワインなどかなり幅広いですが、やはり一番そろっているのはアメリカのワイン、おそらくカリフォルニアワインだと思います。いろいろな組み合わせが可能ですが、ナパワインでソービニオン・ブランやシャルドネの種類などもセットに入っていました(私がいった当時ですが)。

テイスティングシートは、とてもリラックスした一角になっていて、静かでいかにもワインの倉庫の中という雰囲気です。ものすごく豪華な店ですが、それでもあまりに堅苦しくなる必要はありません。しかしとりあえず、店の中にどんな紳士が来客しているかわからないので、Tシャツとか半ズボンなどはNGと思ったほうがいいです。襟付きのシャツを用意しておきましょう。

レンタカー運転時のワイン、注意!

注意点としては、レンタカーで行く以上は、さすがにたくさんは飲めないということです。できるなら、相方に運転してもらって自分が飲むか、その逆で、いずれかは全く飲まないのが理想です。ただ、それも難しければ、アメリカはごく微量なら運転もOKなので、運転する人は本当に舐める程度のテイスティングにして味を見るだけにしておきましょう。それなら、アメリカで言われているリミットはビール2杯までという範囲におさまるはずです。いずれにしても、飲むのではなく、ちょっと味を見るために舐める、それ以上はNGとしておきましょう。

アメリカでは、飲酒運転で捕まると、即刻、手錠です。そして、監獄を出るまでに1ヵ月以上かかることもザラであって、その際の費用は100万円以上は軽くかかります。恐怖です。

これだけは覚えておきましょう。


リオ・オールスイート・ラスベガスに泊まる


このホテルは、かつてラスベガスで十分上位のホテルに入っていましたが、それでも今では他の新しいホテルと比べると古いホテルに入ってしまいます。やはり古さがあると、部屋の中のベッドやバスルームなどは気になるようになります。当然、そうなるときれいなホテルであっても、比較として料金は下がってきます。なので、このホテルはかなり今では安いときも出てきました。

古いので、悪いところを見つけようと思ったらそれなりに見つかるでしょう。ですが、価格を優先するなら十分なステイができます。もし、ラスベガスの旅を思いでにしたい、美化したいなら、もう少しアップグレードしたホテルのほうがいいでしょう。ネット環境なども遅いという話もあるので、自分のこだわりをもってホテルは選びましょう。


しかし、このようなリオスイートでも、ラスベガスの繁忙期では今も2万円を超えることもありますが、閑散期になると、なんと1泊5000円を切る価格になることもあります。それも、このホテルはとんでもなく広いスイートルームしかありません。なので、特に細かいことを言わないなら、ものすごいハイコストパフォーマンスになります。

ラスベガスでは、モーテルを最初に探すべきではないです。最初にホテルの料金をチェックして、それで高すぎる場合はモーテルをチェックしましょう。じゃないと、モーテルに泊まったらあとでホテルが格段に安かったと気づくことも本当に起ります。

料金は次のリンクからチャックできます

エクスペディアのリオの料金

ホテルズ・ドット・コムのリオの料金


ホテルの魅力はバフェとプールも

このホテルで魅力というと、プールかなあ・・・と思います。きれいなプールなのにたいてい人が少ないし、とても快適で清々しい砂漠のオアシスのような環境です。プールサイドでビールでも頼んでゆっくりしていると、ラスベガスの優雅な時間を感じたりします。

大型ホテルはプールはたいていイモ洗い状態になるのですが、ここは比較的ゆったりときれいなプールが楽しめるのは魅力です。さすがにメインエリアからは離れているので、その分、来客が少なくなるからでしょう。

ただ、私もここ数年行ってませんので、管理が悪くなってないことを祈る、という条件付です。



もうひとつは、バフェです。昔から、リオのバフェは充実していると評判はよかったです。正直言えば、今はバフェの料金も高くなり、あまり昔のようなおいしくて安いというイメージはないです。まして、他に凄いバフェを売りにしているホテルもどんどん出来ているので、リオだけが突出している時代は終わりました。

これも、最近は少しレベルが落ちたという話も聞きますがそれでも、このホテルのバフェ目的でリオに行く人はいまだに数多く存在します。





さて、魅力として、プールとバフェが合格かどうか・・・迷います。
ただ、このホテルの宿泊料金、そしてこの遠いロケーション、そして人混みなどの状況を考えると、十分いい要素だと思います。


レンタカーでドライブしているなら、まず距離感はあまり感じません。駐車場も大きいし、不便はないです。中央のホテル街に出て行くにも、どのホテルも駐車場は無料ですので、どんどんホテルに入って楽しめます。レンタカードライブの旅なら、そしてエコノミーな旅をするなら、このリオ・オールスイートに宿泊はアリだと思います。




レンタカーの最安値検索、さらにモーテル&ホテルの予約は下記からお進みください。


       yakukuyoyaku.jpg



できましたらワンクリックおねがいします
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ



スポンサーサイト
ストラトスフィアへドライブ、トップ・オブ・ザ・ワールドで食事



トップ・オブ・ザ・ワールドの地図



ラスベガスにいくと、まるで東京スカイツリーのように遠くからでもすぐわかるタワーホテルがあります。ストラトスフィア・ホテルです。今では宿泊もさほど料金が高くなく、安い時なら1万円を切った価格でも泊まれるホテルです。おそらく、このストラトスフィアはホテルとして使うよりもアトラクションとレストランで使うほうが今では人気かもしれません。

レンタカーがあれば、メインストリップを北に向かえば、このホテルに到着します。ドライブ自体は難しくありません。


絶景レストランをうまく使いこなしましょう

las1.jpg



このタワーに上るのは展望エリア&アトラクションエリアに行くだけで有料です(確か20ドル近くかかったような・・・)。かなり料金高いですよね。でも、わずか1階か2階しか違わないタワー頂上部にあるレストランで食事にいくなら、まったく料金がかかりません。食事をするなら、その後、展望エリアやアトラクションエリアにも無料でいけてしまうわけですが、もちろん、そちらに行かないで帰ってきても問題ありません、

展望エリアやアトラクションフロアは、下のビデオにもあるとおり、景色を楽しんだり遊園地があったり(恐ろしい高さにあるのです)、結構高所恐怖症には不要なエリアなんですが、それを目的で楽しみに行く人もかなりいます。



しかし、展望について言えば食事をするなら、そこからの長めで十分ラスベガスの街を堪能できます。昼間もいいですが、夜のネオンがともったラスベガスも素晴らしいです。

レストランのフロアはゆっくりと回転しているので、食事中に360度のパノラマラスベガスを楽しめます。


料理は・・・普通でしょう



料理は一般的なアメリカの料理です。ステーキサンドイッチハンバーガーシーフード料理など、とりあえずなにかしら好きなタイプはあると思います。ただ、正直に言えば、ここは味で勝負の店ではないと思います。あくまで、展望を楽しんでラスベガスを旅した記憶に残る時間を持てるというメリットを楽しむべき場所なのでしょう。


料金はランチでも1人50ドルくらいは見ておくほうがいいです。飲み物と、食事をして、チップを払って・・・となると、案外どこもレストランはこのくらいかかってしまうのが、今のアメリカです。

メニューはこちらから見れます


安い時期は何と1泊3千円台から!宿泊もOK

案外、このホテルはメインエリアからは離れて建ってます。レンタカーの旅なら、まず問題ないですが、車がないとバスなどで中心部に行くまで毎回毎回バスを待つことになるので、ちょっと大変です。というのも、このホテルの周りは割りと面白いところがないのですが、旅行者がホテルホッピングをして楽しんでいるエリアに出るには、距離がありすぎます。

しかし、その分滞在費は他に比べるとやや安めになっている気もしますのでモーテルの変わりに使うくらいの気持ちで泊まるのもOKだと思います。

部屋や施設はやや古いものの、立派にラスベガス仕様です。モーテルなどに比べると、豪華そのものです。それが、閑散期などにあたると、1泊1部屋がなんと3000円台からでも、とまれてしまいます。2名で泊まったら、どれだけ安く感じることか。

ラスベガスはやはりモーテルに泊まる前にホテルの料金がいくらの時期なのか、しっかり調べてからにしましょう。じゃないと、モーテルに泊まったら、実はホテルのほうが安い時期だったなんてのが本当にありえます。豪華ホテルに泊まって安く済んでしまうのが、ラスベガスメリットです。


料金チェックは次からどうぞ

ホテルズ・ドット・コムのストラトスフィア料金  エクスペディアのストラトスフィア料金




レンタカーの最安値検索、さらにモーテル&ホテルの予約は下記からお進みください。


       yakukuyoyaku.jpg



できましたらワンクリックおねがいします
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ


シーザース・パレス・ホテルのエルトン・ジョン公演が終わる

elt.jpg



英歌手エルトン・ジョンがラスベガスのシーザーズ・パレスで行っている定期公演が、来年5月19日(現地時間)に終了すると Rolling Stone などが報じた、とのこと。


本当に長い定期公演だった。ラスベガスに行くたびに、今度はエルトンジョンでも観ようか・・・と思って出かけるのだけれど、結局1度も見ることがなかった。かつては、ビリージョエルとジョイントコンサートをやったりして、友達ははるばるベガスまで見に行ったりしていたけれど。

考えるとラスベガスは本当にショーのメッカだ。エルトンジョンに限らず、ほとんどのロックスターはこの地でコンサートをしているし、実際に個人的に記憶している限りでは、ラスベガスに行ったときに出くわしたコンサートは、ポール・マッカートニー、エアロスミス、チャックベリー、セリーヌ・ディオン・・・・まだまだあった。

エルトン・ジョンも長い間ロングランの公演を続けてきたのは人気とステータスの証明だと思う。ラスベガスで長期公演なんて本当に難しいから。毎回コンサートを満席にしないとならない重圧なんて普通は耐えられない。エルトンジョンの場合は、名曲もあって老若男女、幅広いファン層があるから可能だったんだろう。


シーザース・パレスでの公演は、来年の5月までのようだから、もしラスベガスにいくらなら記念に見ておいてもいいように思った。



シーザース・パレス・ホテルの話



シーザース・パレス・ホテルは好きなホテルなのですが、一度も泊まったことがありません。しかし、プールの豪華さに誘われるようにホテルに入って見学するだけでなにか高尚な気持ちになれました。

ここがいいのは、その昔は他になかったモールのすごさでした。フォーラムショップスは競合するモールがなかったころは、毎日激混みで買物よりも人混みに対処するほうが大変なくらいでした。

その逆で、どうもいまひとつ気に入れなかったのがバフェでした。今はわかりませんが、少し利用した経験では料金の割りに、また一流ホテルのバフェってことで期待した割には、感動がない料理で・・・・それだけはちょっと不満でした。


かつて映画レインマンでダスティン・ホフマンがここでトムクルーズとギャンブルをする場面がありました。このホテルのカジノはなにか華やかさが違いますね。

いまだに、そういう特別感のあるホテルだと思います。


ラスベガスのオアシス、グリーン バレー ランチ リゾート アンド スパへ



グリーン バレー ランチへのドライブMAP



ラスベガスであまり日本人観光客が行かないエリアで、なかなかいい場所もまだあります。このグリーン バレー ランチ リゾート アンド スパ (Green Valley Ranch Resort and Spa)は、上の地図でもわかるとおり、ラスベガスの中心部から30分もドライブすれば十分到着してしまいます。しかし、レンタカーがないとさすがに不便なので、現地では日本人の観光客はもちろん中国人や韓国人などのアジア系の観光客もかなり少ないです。

もちろん、今は団体で行くツアーもいたるところにあるのでなんともいえませんが、わざわざここまで団体ツアーでやってくるケースもほとんどないと思います。


このグリーン バレー ランチ リゾート アンド スパは、ホテルですのでもちろん宿泊も可能です。ラスベガスの中心部と全く違って砂漠の中にあるオアシスのようなイメージのホテルです。ホテルにはもちろんカジノもありますが、中心部のホテル群のような派手さはまったくなく、むしろ静かな環境を楽しむためのホテルです。




レンタカーがあればドライブだけでも楽しめるホテル


多少のご提案としては、もし余裕があるなら、ラスベガスの中心部のホテルに数泊したあと、ここに2泊くらいすると、とてもよいバランスでラスベガスを楽しめるように思います。部屋も豪華プールもとても気持ちのいい設計で混雑もあまり聞きません。ミストシャワーがあったりプールサイドバーでくつろげたり、泊まらないまでもこのホテルに遊びに行ってプールサイドでジュースを飲んでノンビリしてレストランで食事をして帰ってくるのも大賛成です。

レストランもホテル内に5件ほどあります。ステーキ店とメキシカンの店は、食べた感想としてはレベルが高いです。メキシカンのBorracha Mexican Cantinaは特に地元でも人気店のようです。

またここのバフェは人気投票で上位に入ってくることも多く、充実した内容のバフェでレベルも高いです。朝はオムレツがおいしく食べられます。

ホテルの詳細と予約はこちらへ

グリーン バレー ランチ リゾート アンド スパ
(Green Valley Ranch Resort and Spa)



周りにはショッピングゾーンが


一番上のビデオにあるとおり、このホテルの周りはグリーンバエレーランチ・エリアと呼ばれるようなショッピングゾーンもあります。なので、単にレンタカーをとばしてドライブがてら買物とホテルでのゆっくりした時間を楽しんでかえるのもいいと思います。



レンタカーの最安値検索、さらにモーテル&ホテルの予約は下記からお進みください。


       yakukuyoyaku.jpg



できましたらワンクリックおねがいします
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ


murata1.jpg


昨日、村田諒太とエンダムのミドル級ボクシングの再試合が行われて、見事に予想と期待どおり村田が勝利しました。村田選手は、話もしっかりしていて、、また勝っても負けても悠然として紳士的な姿が素晴らしいといつも思ってました。

昨日も勝ってからのインタビューで相手をしっかり賞賛していて、美しきスポーツマンシップを見る思いがしました。本当に戦ったあとは、紳士にもどるというのが美しいことはわかっていても、それができない人達が世界中に本当に多い。場合によっては、国と国のうらみつらみまで勝手に持ち出してスポーツに割り込ませたり・・・・観ていて潔くないのが多いので、本当はスポーツもあまり国際大会などは見てもつまらなくなったと思っていました。

しかし、村田選手も素晴らしいのですが、その後、エンダム選手も村田選手にインタビューに突然現れて、勝者をたたえていたのは、感動すら覚えました。

murata2.jpg




ラスベガスのMGMホテルはボクシングのメッカ

MGMグランドアリーナのMAP



村田選手もいっていましたが、ラスベガスはボクサーの憧れでもあり、別階級のモンスター、井上尚哉選手もラスベガスでの試合を特別なものとして語っています。

そのラスベガスで、最もボクシングの試合が組まれる会場がMGMグランドアリーナです。


ここは、ボクシングの聖地といってもいいですが、ボクシングに限らず様々なスポーツコンサートも行われるラスベガスでは有名な会場です。

ボクシングでは特に記憶にある試合として、2015年5月2日に行なわれた『今世紀最大の一戦』フロイド・メイウェザー・ジュニア 対 マニー・パッキャオ戦の世界ウェルター級タイトルマッチがあります。そのときはボクシング界最高のファイトマネーの試合とも言われていて、いかにラスベガスのこの会場が豪華でトップクラスの試合が行われているかがわかります。


もし、ラスベガスに行くときにコンサートやスポーツの試合があればチケットを買って見に行くと結構楽しめます。アメリカならではの熱狂感覚が日本とまた違ってやたらに絶叫している人が多かったりで、文化の違いすら見えてきたりします。



レンタカーでの移動は楽です


MGMホテルは、ラスベガスの最も有名な交差点にあります。駐車場も広々として大きいですので、レンタカーでのアクセスは極めて楽です。

MGMは他にも映画関連の施設からライオンが見れる動物園のライオンハビタットなどもあります。それとないよりも、カジノフロアが広くて見て楽しむにも最高です。ラスベガスに行ったら、このホテルは一度行ってみましょう。さすがにアメリカの派手さが良く現れたホテルです。こんなの、日本で作れるわけないですね。


ラスベガスの宿泊情報はこちらへ




レンタカーの最安値検索、さらにモーテル&ホテルの予約は下記からお進みください。


       yakukuyoyaku.jpg



できましたらワンクリックおねがいします
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。