ロードレイジ・アメリカの無謀運転には要注意 クレイジードライバー編

ここでは、「ロードレイジ・アメリカの無謀運転には要注意 クレイジードライバー編」 に関する記事を紹介しています。
ロードレイジ・アメリカの無謀運転・クレイジードライバー




日本でも無謀な運転で死亡事故が起きたりしてます。時々ですが、ニュースになるようになって本当に困ったものです。

ですが、「本場」では、毎日のように無謀な運転と路上での喧嘩、格闘までプロレスさながらに起きています。



上のビデオはそのう一例ですが、今はドライブレコーダーや携帯でもビデオがとれるなどのため、どんどん毎日「記録」が溜まっていくようです。困った記録ですが、ビデオが手元にない時代は見ることがなかったことも、今はこうして見えるようになってしまいました。

実際に、LAなどを走っていると本当によくクラクションの音を聞きます。危ないドライバーもしばしば目にします。それはやはり日本の比ではなく、頻度は高いです。もちろん、まったくそんな経験をしらない人もいるでしょう。ですが、日本から出かけてレンタカーを借りて運転するときは、こういうことに巻き込まれる場合も想定しておくほうがいいです。

下のビデオはかなり荒いです(要注意)




まだまだ慣れないころは、運転も右と左が間違いやすく、アメリカ人から見ればフラフラとドライブしているように見えるでしょう。そして、気が短い人が相手になると、こちらが相手の走行を邪魔しているように感じでこちらに悪意をもってくるかもしれません。

とにかく、相手の挑発にのらないこと。そして、スピードは守ること。相手が車から降りても、自分も降りないこと。そして、できるだけ冷静に対処すること・・・そのくらいしかできません。案外有効なのは、ビデオを撮りながら話すことです。相手も暴力を記録されれば、逮捕されて監獄に入ることくらいはわかります。あまりにしつこい場合、危険を感じる場合は、ビデオをとってますという意思表示も最後の選択です。


巻き込まれた時に謝罪?

何かあっても、アメリカでもカナダでも、いや海外ではほとんど自分から謝罪はしません。謝罪すると、自分が悪いことを認めるという習慣があるからです。困った習慣ですが、相手を思って謝るほうが善とされる日本とは全くことなります。

なので、どうしても相手と対処しないとならない場合は、謝る必要がないなら謝らないでOKです。ただ、命の危険がありそうなばあいは、やむをえず謝る様子を見せるほうが相手も落ち着くかもしれませんので、その場で判断するしかありません。


日本でのことですが・・・


とにかく、運転マナーは日本でも問題になってます。正直にいって、ひどい人、暴力的な人もいます。なので、アメリカだけでもなく困ります。ただ、アメリカほど多くもありませんし、実際、日本以外の国で安心して運転できた国は私の経験でもかなり少ないです。危険を感じないまでも、とにかく、我先に前に出るとか、喧嘩ざたで指を立ててくるなんてのは少し滞在していると経験します。

アメリカ以外では、ニュージーランドもひどかったし、オーストラリアも結構ありました。一番少なかったのはハワイですね。次いでカナダなかあ。全くなかったとは言いませんが、ハワイはほとんど嫌な経験はなかったです。


外国人の運転マナーも困った事実があるわけですが、そういう現実を知りながら、日本で今後外国人ドライバーにもっと運転してもらって高速道路を定額制にして開放する計画があるようです。

これは、本当にやめるべきです。

そうでなくても、最初からハンドルは左と右が違うわけです。アメリカも中国も運転は荒いですが、車は日本と逆の左ハンドルです。そして大挙して高速道路を運転されれば、事故は必ず増えます。日本は電車がいたるところに走っていて便利ですし、外国人はものすごい安い料金で期間パスを買えます。それさえあれば期間中、新幹線も山手線も乗り放題です。電車は死亡事故は起きません。ですが、車は死亡事故が実際に起きます。

日本人の税金で高速道路を整備して、外国人は激安で使えて、その上日本人が事故に巻き込まれていったら冗談じゃなく悲劇です。

ホントに高速道路を安く開放するのはやめてほしいです。一度開放すると、今度は開放をやめるとなると差別だとかまた言い始まります。なんでもクレームになります。日本人のメンタリティとは違うのは、上のビデオでもわかるとおりです。

日本のルールを守れなくなったら、高速道路は危なくて乗れなくなります。これは、社会問題になるのは目に見えているような気がします。

TPPとかグローバル化とか、いかにもそれがいいことのように報道されています。しかし、ヨーロッパの例でもわかるとおり、移民が増えて異文化が入ると、いずれ必ず社会は崩壊します。観光客であるうちはまだいいかもしれませんが、不法滞在が増え、スラム化が増えればもう手が打てなくなります。

おもてなしは素晴らしいと思いますが、相手に合わせるのがおもてなしではないはずです。日本では日本に合わせえてもらうようにしないと、本当にダブルスタンダードになって最後に困るのは日本人の我々だと思います。





レンタカーの最安値検索、さらにモーテルを予約しておきたい場合は下記からお進みください。


       yakukuyoyaku.jpg



できましたらワンクリックおねがいします
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ




この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する