ラスベガスブルバードの夜、レンタカーでドライブ

ここでは、「ラスベガスブルバードの夜、レンタカーでドライブ」 に関する記事を紹介しています。
ラスベガスブルバードの夜、レンタカーでドライブ





ラスベガスは、おそらく昼間より夜のほうが魅力度があがります。ライトアップしたラスベガスこそ、この街の本質を表していると思います。

なんといっても、人工の街です。光がともって派手派手の街になって、落ち着きがまったく感じられず、とにかく活動的でお金を使って浪費してもまったく違和感がなく、光り輝くホテルはすべてが通りを行く旅行者を誘っているように見えます。


ふと思うラスベガスの非現実


少し旅行とかけ離れた話になりますが、この街を夜ドライブすると、時々人間の盲目なほどの欲望の現実に気がつきます。ここまで娯楽を作り上げて、富と夢のひと時に翻弄されるように生きることを人間はどこかで追い求めてきたのでしょう。

昔、日本の川原で野菜を洗って生きていた頃の人がみたら、この浮世をいったいどう思うことでしょうか。目に映る景色のすべてが、生きるのに必要ないとすら言えることなのでしょう。しかし、一度それを知るともう戻れなくなっていきます。本当に、資本経済という現実は人間をどれだけ疲弊させてきたことか。

ラスベガスは人工の街ですが、この街は人間の血と汗でできた古くからの人間が住む場所ではなく、あくまで金という虚構から生まれた場所です。

それを痛いほど知ったのが、私にとってのラスベガスの夜のドライブでした。


感慨に浸ったら現実に戻る


さて、あまりに非現実な世界を目にしてドライブして、一通りの浮世を味わったら、また現実に戻っていくのも人間です。少なくとも私はそうなってました。

この大歓楽街を走りぬけて、どこかしら興味があればまたその中に吸い込まれるように車は向かっていきます。そこにあるのは消費と浪費だけですが、それが最大の目的として通用するのがこのラスベガスです。それがラスベガスの現実です。

夜のドライブは、目に入ったネオンの誘うがまま、気に入った場所に車で飛び込んでいけばいいのでしょう。


ラスベガスは、考えずに楽しめばそれでいいということなのでしょう・・・・それが一番楽しいです。




レンタカーの最安値検索、さらにモーテル&ホテルの予約は下記からお進みください。


       yakukuyoyaku.jpg



できましたらワンクリックおねがいします
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ


この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する