FC2ブログ

アメリカでの日本車情勢

ここでは、「アメリカでの日本車情勢」 に関する記事を紹介しています。

これは雑感です。

アメリカをドライブしていると、とにかく世界中の車に出会うわけですが、それでもやはり日本車の多さはさすがに目に付きます。アメリカで散々ドライブツアーを楽しんだので、アメリカ車、日本車、あげくに韓国車までレンタカー会社で提供されては乗りました。

それで、思ったのはやはりその中で日本車の安定感は抜群だということ。そして軽快な走りでガソリンも消費が少なく、乗ってしまうと他の車は乗りたくなくなるのも事実。

まあ、車は好き嫌いがあるので、それでもアメリカ車やヨーロッパ車が好きな人が多いのは別に趣味としてありえます。私の場合は、やはり日本車が一番良かったということです。



しかし、雑感として思うのは、日本車ってどうして人気があって購入しているのもアメリカ人なのに、トヨタやタカタのようにトンでもない被害がアメリカで発生してはバッシングにあうのかという不思議・・。

アメリカの車メーカーとしてはとにかく日本車には頭にきてるんだろうとは思います。

トヨタが、ブレーキでかつて一大リコールに陥って、社長は公聴会で散々ひどいこといわれてアメリカでは叩きのめされたこともありました。それだって、後になってから、ブレーキの事実は捏造情報だったってことになったわけです。つまり、トヨタは全くわるくないのに、莫大な被害にあったわけですが、ではトヨタが被害額を補償してもらえたかというとそれもありえるわけもなく、ああごめんなさい程度で終わり。

どこまで日本のメーカー、日本という国自体はアメリカから好きなように扱われているのだろうかと情けなくなります。

それは別に車に限ったことではなく、もっと根本的なことをいえば、アメリカは日本を同盟国ではなく植民地くらいの感覚で利用できるから仲良くしているという側面はやはりあります。日本は、親分の国になにも言えるわけもなく、大国と弱小国の力の差でしかありません。


だから余計に、アメリカで日本車が走っているのを見ると嬉しくもなります。こんな弱小国、植民地のような国民が、汗して凄い技術で作った車が、どれだけバッシング被害にあっても、一般人にはちゃんと購入されているという事実。本当に日本の製品は、勤勉でアホなくらい真面目な国民が作りだしているということに改めて気づきます。


アメリカは、ドライブして旅するといろいろな社会が見えてきます。日本人として旅して回ると、そこにはやはり日本がアメリカにとってどういう国なのか、アメリカ人にどう思われていいるのか、ということも、だんだんわかり始めてきます。

日本車よ、今日も元気にアメリカ大陸を走ってくれ!!


この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する