ポールマッカートニーがデモに参加してもアメリカの銃規制は夢物語か?

ここでは、「ポールマッカートニーがデモに参加してもアメリカの銃規制は夢物語か?」 に関する記事を紹介しています。


ポールマッカートニーもデモに参加したらしい。ニューヨークで盟友のジョンレノンが射殺されているわけで、一生消えないショックを負っているわけだから、それも理解できる。

でも、アメリカの銃社会はおそらく終わらないだろう。今まで何度、何十回じゃなく、何百回あったかわからないこの手のデモや社会問題が、それで解決に向かったことなど一度もない。

なんといっても、銃で儲けている産業があって、それが強烈に強い。トランプもそことくっついているわけで、まず法律で規制するなんて今のままではできっこない。

それにしても、学校で毎日、毎週のように銃乱射が起きるアメリカって・・・本当に終わってる。こんなところに誰が住みたいとおもうのだろう。こんなところで、誰が子供を育てたいとおもうのだろう。

でも、移民はいまだ多いし、アメリカはいまだ強大な国。

その素晴らしいアメリカを楽しんでいるのは、強烈な格差社会の頂点にいるわずか5%にも満たない富裕層。そしてその富裕層が望む社会だけが実現され、継続する。

つまり、今のアメリカ社会は、莫大な資産をもつ人間が望んでいる社会ということだ。そして、それは今後も変わらないということを意味する。平民の意見なんて絶対聞かない国になったのだ。

それが現代のアメリカってことか。それでも、銃と暴動と隣あわせでも、アメリカで夢を追って生きてみようと思うのだろうか。

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する