京都、嵐山の竹林に落書き

ここでは、「京都、嵐山の竹林に落書き」 に関する記事を紹介しています。
ハングルとか中国語が多いそうだけれど、英語もあるようだ。

いい加減にしてほしい。結局、外国人観光客っていっても、ほとんどは他人の国に敬意もなく、たんに遊んで帰るだけということ。観光客が増えると好ましいようなニュースが多くて、テレビでは呆れるくらい外国人特集の番組だらけ。そして、日本をもちあげてもらって喜ぶ番組と視聴者。

なにか間違ってる。

文化を守るってことは本当に大変なことだ。日本の文化は2000年以上の時間を経て作られてきたのに、こういう観光客で一瞬に汚されていく。

もう、京都の竹林は立ち入り禁止にすればいい。そのほうが文化と風景を守れる。祇園もそうなったほうがいいんじゃないかな。

大阪の道頓堀なんてもうジャックされてるし、東京の銀座も同じこと。金を落としてもらって喜ぶのも悪い。だけど、外国人どんどん呼び込む政治も本当にいい加減にしてほしい。

日本は壊れていくってこと、気がつかないと手遅れになりそうにおもう昨今。


----以下、引用----

京都の代表的な観光地・嵯峨嵐山地域の竹林で、約100本の竹が刃物のようなもので彫られ、アルファベットやハングルなどの落書きが残されていることが17日、分かった。竹林を所有する京都市は注意を促す貼り紙を掲示しており、京都府警に被害届を出すことも検討している。

 竹林は、同市右京区の天龍寺の北側にある市所有の約3800平方メートル。この中の「竹林の散策路」と呼ばれる一帯が被害に遭った。

 市は平成27年、嵐山などで観光人力車を運営する法人に管理を委託。竹林に散策路を整備するなどして日中の一般開放を始めた。

 市によると、開放当初から落書きは散見されてはいたが、今年2月ごろから徐々に増え、4月に急増。中国語で「ここに来たよ」などの内容もあるという。

 運営法人の担当者は「人力車の引き手が落書きの現場を見たこともある。竹が傷つけられるのは非常に悲しい」と語った。イタリアから訪れたフランセスカ・サイさん(29)は「美しい風景が、このような落書きで台無しになるのは残念」と憤った。
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する