FC2ブログ

オーバーツーリズムってなんだ

ここでは、「オーバーツーリズムってなんだ」 に関する記事を紹介しています。

昨今、東京、大阪、京都などの大都市や人気都市は当然として、地方の都市や小さな町でも、海外からの旅行者がものすごい数で押し寄せてきている。特に、中国と韓国は異常に多く、大都市を歩いていると言葉が耳につく発音だったり大声で話すためか、とにかく日本語よりよく聞こえてくる。

今日、地方の小さな町にあるスシローに入った。
オーダーをする案内は、案の定、日本語、英語、中国語、韓国語で書かれていた。スシローに限らず、最近ではかなり多くの回転寿司屋でこんな状態だし、もっと言えば、どんなレストランであってもこんな具合になってきている。

まして、一番驚くのが、東京で電車にのっているとこの4か国語でアナウンスがあって、日本語のアナウンスよりも外国語のほうが比重が高くなってしまっているため、一度聞きのがすとなかなか次まで日本語が聞こえてこない。

好きな京都や沖縄へ旅行に行っても、中国人と韓国人が大量にいるし、京都の町中や観光名所、沖縄の国際通りや名所も完全に日本人は小さくなって歩いているような風景になってしまった。そしてホテルに泊まると、ロビーには大量の中国系や韓国系の団体や個人旅行者であふれかえっていて、日本のホテルとはもはや思えない。夜になると大声で騒ぐからうるさくて苦情も多いらしい。朝はバイキングの料理でこの手の旅行者に出くわすと、もう料理は一気になくなって散らかされてしまい、食事もあきらめるというがっかりどころじゃなくて怒りすら覚える経験だって少なくない。

なんで日本がこんなことになってしまったんだろう。
とにかく、多すぎる。日本人が普通に生活して普通に旅行するなかで出会う海外旅行者は歓迎したくもなるし、おもてなしの心も自然に生まれる。しかし、自分の生活を圧迫される旅行者にはそういう気持ちも起きない。

本当に一部の企業や商店は海外旅行者によって利益は上がるのだろう。それで嬉しいのだろう。けれど、日本の将来と日本人の心を取り戻したくなる日はいずれやってくると思う。

自分の生まれだった国がここまで変わっていくことを、素晴らしいと手放しで喜んでいる人はおそらく多くはないと思う。なぜなら、自分の周りの人たちはほとんどが喜んでいないから。

今の暴走する政治を止めないと、これは止まらない。

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する