カタルーニャ独立宣言の保留に見るハワイのアメリカからの独立

ここでは、「カタルーニャ独立宣言の保留に見るハワイのアメリカからの独立」 に関する記事を紹介しています。
beach5.jpg

少し強引な考えだけれど、気になったので書きます。

スペインからカタルーニャが独立しようとしていて、結局はしばらく保留するってことになったらしい。これって、そう簡単な話ではないのだろうと思う。実際に、今まで同じ国民として暮らしてきて、明日から異国同士になるってことがどれほど大変か・・・ということで。

だけど、もともと別の民族だったからこういう問題は起きるということで、国家という縛りでひとつにされてしまった小国(地域)の反発は最初からあったわけだ。


これと同じのがハワイでも今もある。

カタルーニャよりまだまだ歴史は浅いのがハワイ。第二次世界大戦後に、アメリカによってハワイが50番目の州として併合されたわけでだけれど、当然ながらかなり強引なやりかたで併合されている。

今になったら、アメリカになってよかったと思う人もいるだろうし、ハワイ語じゃなくて英語が公用語になってよかったって思う人もいるだろう。でも、逆もたくさんいる。

ハワイのネイティブハワイアンと友達になって少し話をすると、やはり自分の言葉だったりハワイという国を取り戻したいと思っている人も決して少なくない。



じゃあ、いつか独立できるのだろうか・・・と考えると、今は100%そんなの無理って思う。ハワイにはアメリカの太平洋軍事基地があって、それを手離せるはずもない。もちろん、ハワイという領土を失ったら、アメリカにとって大変な損失だってのも事実だし・・・独立なんて絶対無理。

その昔、ハワイがアメリカに併合されるときに、ハワイは日本と合体することを希望したという記録も残っている。もし、日本と合体したら、どうなっていたんだろう。

おそらく、いい関係で続いてこれたんんじゃないかなあ・・とも思う。なぜなら、人間性が似ているから。日本人もハワイ人も基本的は優しいし親切。そして結構正直者が多い民族。おそらく平和にやってこれたんじゃないだろうか。少なくとも、朝鮮半島のような併合にはならなかったと思う。日本と朝鮮半島の民族性は、隣であっても180度違うから。


でも、そう考えると、なんとなく少し残念な気もする。
ハワイが同じ国としてあったなら、本当にあのパラダイスを自由に選んで住み付くこともできたわけだ。

独立問題はおそらくありえないから、単なる夢想話。

ただ、カタルーニャにしてもハワイにしても、おそらく根本的な民族の心は同じなんだろし、大国によって独立が阻止されてしまうことも、おそらく同じなんだろうと思った。

大国の力の理論にはやっぱり逆らいようがないんだろう。スペインやアメリカだけじゃなくて、こんな事例はまだまだ数え切れないわけで、これ真剣に考え始まると、本当に深くて複雑な話になるから、ここでやめておくことにする。


こういう問題はもう永遠になくならないんだろう。



この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する