安くモーテル予約&レンタカー予約でアメリカをドライブして楽しむ情報

東京に住んでいるわけではないので、仕事のときは東京にいって泊まったりする。

最近、というか、東京にいくたびに凄いことになっているのが、店で出会う店員の外国人の多さ。赤坂に今回は泊まったのだけれど、赤坂で入ったコンビニやファーストフード店、ラーメン屋だのパブだの・・・正直なところ、ほぼ100%の確率で外国人が店員だった。そして、そのほとんどは日本人の店員と並列で働いているのではなく、外国人だけで店を見ているようだった。

セブンイレブン、ファミリーマートなどから、ファーストフードはマック、バーガーキング、てんや、松屋、吉野家、長崎ちゃんぽんのリンガーハット、たこ焼きの銀だこ・・・・などは、完全に100%外国人だけの店員だった。

別に最初は嫌気を感じることもないのだけれど、それがだんだん違和感を覚えるようになっては、嫌になってきてしまった。なぜなら、サービスのクオリティが全く違うから。

バーガーキングにでは、入ってもカウンターに誰もいないから、ちょっと覗き込んで「オーダーお願いします」と中東かインドのほうかわからないけれどそれ風の外見の外国人店員に言って目があったものの、完全無視。しかたなく、担当者が出てくるまでまってオーダーしたが、お釣りを渡されたらその手が濡れていて釣銭がびしょびしょでこっちの手も濡れた。

いったい何故濡れているんだろうって気持ち悪くなった。食べ物を作っているのか、なにかに触ったのかわからないけれど、日本人として慣れているサービスで濡れ手で客に接するなんてありえないから。

天丼のてんやに入ったら、いらっしゃいませも何もなし。忙しいからかもしれないけれど、例によって完全無視。店員はタイ語かベトナム語のような言語で話しているからこっちはわからない。それだけで、もう嫌になって店を出た。それで、やはり日本人のサービスがある店に行きたくなって他に感単に食べられる店を探したら、上に書いたとおり、全滅。他の店では、全部中国系の名前の店員が名札をつけて働いていた。

赤坂は本当にもう変わった。知っていた赤坂ではない。

でも、それは赤坂だけじゃなくて、翌日銀座にいったらやはり同じことだった。知人似合いに京王線の笹塚にいったらあんなマイナーな駅でも韓国語と中国語がどんどん聞こえてきた。

この外国人の増えるスピードがどうもクレイジーなほどに凄い勢いだ。このままでいくと、数年後、オリンピックが終わる頃、間違いなく日本はいままでの日本の常識が通らない部分が相当出てくるように感じる。今でもサービスや習慣が確実に崩壊しているわけだから。


ニュースでは京都で外国人が多すぎて対処できなくなっていたりするらしい。これは、おそらく京都だけでなく、東京も他の街もほぼ同じことになる。時間の問題ということか。

数日まえ、ユーチューバーのローガンポールとういアメリカ人が、日本にきて日本や日本人を馬鹿にしまくって動画をつくって公開していたようだ。日本人は文句を言わなくて、人を敬うからいいはずだってさわぎながら動画に写っていたらしい。

しばしば、中国人、韓国人のマナーが悪くて問題になるようだけれど、アメリカ人だってこういう非常識で招かれざる輩はいる。いや、世界中からそいうタイプの旅行者はやってくる。


そういう現実に直面してくと、日本の風習は壊されていき、日本人の心は荒れ果てる。そして、それはいずれかならず我々の社会がすさみ始めることになる。

国際化とはこういうことを必ず生み出す。


お金を落としてくれるから歓迎するというのは、あくまで経済の一面。政治や文化、そして我々の生活を考えるときには、おそらくプラスよりもマイナスの効果のほうが大きくなる。それは、今までのヨーロッパやアメリカの例を見れていればよくわかる。歴史が語っていることだ。

安倍首相になって一気に日本は開放されている。これを選択しているのは日本人自身だけれど、この現実にはまだ気づいていない人のほうが多いのだろう。毎日、観光客が増えて喜ばしいというニュースはあるけれど、その反面なにが今起ろうとしているかはまったく伝えられていない。

かつてニュージーランドに住んでいたことがあるけれど、あの国も移民をオープンにしてから、一気に街の様子が変わっていった。日本はそうなるのだろうか・・・・今のままなら、おそらくそうなるということなのだろう。


また新しい年がスタートしてしまいました。
1年なんて本当に早くて、年齢を重ねるほどに時間がたつのが早く感じます。

正月、テレビも良く見たし、おいしいものも結構食べて正月らしく暇に過ごして肥満になったか・・・。ダジャレでもなく本当のことです。


ひとつだけこのところ感じたこと。


どうも最近は外国人観光客とやらが本当に多い。もちろん、韓国、中国あたりが一番多い。反日でいつも日本大嫌いってやってるのに本当に大挙してやってくるって不思議でしかたないけれど、それでもやってくる事実。そして、台湾やタイなどの日本と親しいアジアの国ももちろん多い。それに負けじと、アメリカやヨーロッパ、オセアニア、さらにはアフリカからも来ているから、もう東京や大阪、京都などの風景ははっきりいって変わってしまった。日本人が日本という国をエンジョイしていたのは過去のこととなり、外国人と共存することを受け入れないとならない現実が迫ってきている。

これはいずれ大きな社会問題になるのは間違いない。移民も増えるし、すでに今でも不法滞在者はどんどん増えている。いずれ日本の社会がそれらの人間を支えきれなくなる日が来る。

そうなると、そういう外来者たちは、不満を言い出すことになる。差別だの人道違反だのってことになるわけで、こんなのはすでに移民を受け入れすぎているヨーロッパやアメリカ、カナダ、オーストラリアなどで実証されている。


外国人も少ないうちは歓迎して受け入れていられるけれど、本当に増えてきたら間違いなく日本の文化に合わない習慣を持ち込んでくる。

今、テレビを見ていてもやたらにハーフのタレントが多い。ニュースのキャスターまでやっていて、もう日本の番組じゃなく感覚になる。白人文化に特に弱い日本人だから、白人とのハーフはなにかエキゾチックでカッコいい感じになるんだろう。


でも、さんざん旅して思ったけれど、日本人が悪いとか外国人が悪いとかではなく、ことなった人種や文化が混ざれば必ずいずれトラブルが起きる。最初は、ものめずらしくて楽しいかもしれない。でも、いずれ変わっていく。


これだけ日本に外国人が増えてしまった状況をみて、本当に日本は姿を変えていくことになるんだと痛切に感じた。





年頭の雑感でした。


ring.jpg



大晦日の夜中に入ったニュースで今年は締めくくりです。

ビートルズのドラマーだったリンゴスターがナイトを授与されて、サーの称号をもつことになるらしい。もう来年、2018年には78歳になると思うけれど、彼は何か本当に見た目も活動も若い。ポールも若く感じるけれど、どうもこの晩年になってリンゴスターはものすごく自然体ではつらつ感が凄い。

そんな時期に勲章をもらうのだから、彼も喜んでいるんだろうと思う。ポールは20年前にナイトをもらっていて、随分遅れたものだけれど。ビートルズはまだ4人でがんばっていた頃、MBE勲章はもらっているから、リンゴはそれ以来の受勲となるということか。


僕もずっとビートルズファンだった。今は熱も冷めてきたけれど、若いころはやはり影響されたから、こういう明るい話題は年末に嬉しい。

最近のビートルズも存在感はかなり変わった。テレビを見ていたりすると、凄いくだらない場面でビートルズのBGMが使われていたりするけれど、少なくとも20世紀のうちはそんな易々と彼らの楽曲をBGMやCMになんて使えなかった。あまりに神々しくて、曲を使ってもどんな画像やストーリーにも合致しないから。音楽だけですべてを完結してしまうほどの存在感が音楽にも彼ら自身にも間違いなく残っていた。もちろん、解散前の時期なんて、本当に神様状態だった。

昨今、ジョンレノンがイマジンを歌っているユニセフのCMも流れているけれど、これもその昔はこんな露出はありえなかった。まだ、このCMはマトモなほうかもしれないけれど、他にビートルズが安っぽく使われている場面に遭遇するとさすがに隔絶の時代感に覆われる。

今、ビートルズのニュースなどが出ると、多くの若者はせいぜい名前を知っているか数曲知っている程度であって、場合によっては名前さえ知らないということもある。我々世代でビートルズの名前を知らないなんてことは100%なかったから、これもものすごい時代の流れなんだろう。

ビートルズの曲はおそらく名曲として永遠に残るのだろう。しかし、それは名曲としては力を持ち続けても、ビートルズという天才の存在は次第に単なる歴史になっていくんだろう。それは当然なのかもしれない。ライブじゃないんだから。現実に活力ある姿はなくなっていくんだから、歴史に生きるようになるのは誰もが同じだ。

おそらくポールであれ、ジョンであれ、いわゆる音楽の天才としての評価は変わらないだろうけれど、1960年代からの20世紀に彼らが神のように君臨した存在感は次第に消えていくんだろう。


リンゴスターが存命中に勲章をもらえてよかったと思う。ジョージやジョンは、その前に他界しているから。


リンゴスターはドラマーだったけれど、バンドの中では音楽才能は最低だったというのが一般評価。ドラマーがリバプールにいなかったから、最高にラッキーな人生になったということなんだろう。まあ、遠からず当たっていると思う。ビートルズファンは、リンゴも天才っていうけれど、僕はそこまで天才だとも感じない。彼じゃなく、もっとカッコいいドラムがいたらビートルズもリズムはもっと凄くなっていたんだろうってよく思った。ま、ジョージのギターもそうだけれど。

でも、そういう奇跡の偶然性の中に生きたことも、彼らの時代であって、運命のようなものだったんだろう。だって、実際にもしリンゴスターがリバプールにあの時代いなかったら、間違いなくビートルズは完成していなかったんだから。

リンゴスターのナイトの受勲は、結局、「そんな奇跡の歴史を生きてくれてありがとう」っていう意味も含まれているんだろうって気がする。

長生きしてくださいよ。
大谷翔平ツアーシリーズ~アナハイムにあるザ・アウトレッツ・アット・オレンジ



スタジアムからの地図



アナハイムスタジアムに野球を見にいって、他になにかやりたいことがあるか・・・・となったときに、ザ・アウトレッツ・アット・オレンジでの買物はもうひとつの楽しみになりえます。


レンタカーがあれば、10分も運転すれば到着します。中規模のアウトレットで、トップブランドまではないですが、それでも人気のある有名どころのファッションアイテムがかなり入っています→ ブランドリスト

まだオープンしてさほど時間もたっていないので、新しいモールで快適です。


このモールが他と違って面白いのは、モールの中に娯楽施設が多くあって、スケートボード場、ボーリング場なども併設されています。また、ギターセンターのアウトレットがあるのですが、この店はハリウッドで有名な楽器店です。もしかしたら、ミュージシャンにもうれしいアイテムが見つかるかもしれません。


しかし、大谷が入団したことでアナハイムは一躍旅のスポットに急上昇しました。これまでディズニーランドがメインだったエリアに、なんとも驚いたことに、ロサンゼルスどころかカリフォルニアの旅の人気スポットとしてものすごいクローズアップされることになったのは間違いなさそうです。




レンタカーの最安値検索、さらにモーテル&ホテルの予約は下記からお進みください。


       yakukuyoyaku.jpg



できましたらワンクリックおねがいします
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ






大谷翔平がアナハイムエンジェルスに入団して今後活躍してくれると、当然ながらロサンゼルスでの観光ルートになってくるでしょう。正直なところ、今までアナハイムまで行くってなると、ディズニーランド、ナッツベリーファーム、そしてせいぜいサウスコーストプラザで買物などが目的であって、どちらかというと女性向きのエリアだったかもしれません。

ところが、大谷がこの地で活躍するとなると、間違いなく野球ファンの少年からオジサンまで男の世界も広がることになります。


隠れた地ビールの地、アナハイム


このアナハイムスタジアムを取り囲むエリアには、実はローカルビール(クラフトビール)の人気店があるのです。上のビデオでは、ノーブル・エール・ワークスへドライブしてビールを楽しんでますが、こんな感じの工場が結構あります。

もちろん、ビールを飲んで運転は基本的にはNGです。アメリカでは、ほんの少しならアルコールが検出されても大丈夫なのですが、ドライバーは本当に舐める程度にしておくことです。しかし、運転手以外はどんどん飲んで楽しみましょう。このビールエリアは気候が乾いていてその上いつも温暖なので、ビールは本当に、最高に、マジでおいしいです。

いくつか、このアナハイムスタジアム周辺にあるビールレストランなどを紹介します。


Noble Ale Works   MAP  

種類が豊富で楽しめます。地元ではかなり人気のブルワリーです。バーでのテイスティングがお勧めです。

JT Schmid's Restaurant & Brewery   MAP

ここは大型のレストランですが、オリジナルビールがあってその上にハンバーガーやステーキなどのアメリカンフードを楽しめます。店内もきれいですが、晴れた日は屋外での座席に座るのもいいです。カラっとした気候の中でビールと料理は最高です。家族連れにも最適な店です。野球を見る前後に立ち寄れます。

Tilted Kilt Pub and Eatery  MAP

この店は世界のユニークなビールを扱っています。この店の特徴は、大きなボリューム感たっぷりの料理と、店内に巨大なスクリーンがあってスポーツや音楽が楽しめること。アメリカンバーとして地元でも大変人気です。屋外の席もあって爽快なビールと食事を楽しめます。

Danny K's Billiards & Sports Bar  MAP

アナハイムにあって人気のスポーツバーです。エンジェルスの試合はもちろん放映されます。料理もビールも豪快に楽しめますが、店にはプールバーもあったりですわりっぱなしではなく店内でアトラクションも楽しめるのがいいです。

Backstreet Brewery  MAP

エンジェルス・スタジオアムからも近く、小さめですが人気のあるブルワリーです。さわやかな味わいのビールが気候にマッチしておいしいです。とてもカジュアルな店&工場ですので、本当に遊びに行く感覚で訪ねてみてください。ローカルに接することもできて楽しい場所です。

Golden Road Brewing Anaheim  MAP

スタジアムのすぐ近くにあるのでアクセスは便利です。オープンな感覚のクラフトビール工場を見学したら、リラックス感たっぷりのレストランでビールとフードを楽しみましょう。

BJ's Restaurant & Brewhouse  MAP

大型で豪華なつくりのレストランとビアハウスです。ビールもおいしいですが、フードがバリエーション豊富で豪快なピザやハンバーガーなどを楽しめます。





レンタカーの最安値検索、さらにモーテル&ホテルの予約は下記からお進みください。


       yakukuyoyaku.jpg



できましたらワンクリックおねがいします
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ




エンジェルス・スタジアムへのMAP



大谷翔平がアナハイム・エンジェルスに入団するなんてことは誰一人相像してなかったでしょう。日本でもそうですが、おそらくアメリカでも誰一人考えてなかったはずです。

それが、突然エンジェルスに入るって事になったわけなので、現地では夢か現実かというレベルの大騒ぎになりました。そのくらい大谷選手は凄い存在として注目されているということなのでしょう。

ピッチャーとバッターを両方やって、それも両方とも一流なんてのは、日本で言えば高校野球でピッチャーで4番のようなものです。ただ、プロではそれができる環境はないので、大抵無理なんですが、大谷選手はそれをやるつもりなわけで・・・まるで野球漫画の世界です。

アメリカでも、ものすごい話題になっているので、どれだけ活躍が期待されているかもわかります。なんとか期待を裏切らずに成功してほしいものです。


アメリカ西海岸への旅行の新しいパッケージ




しかし、大谷選手の入団で、アメリカ旅行の醍醐味がもうひとつできました。なんといっても、野球観戦にいってその足でディズニーランドも回れてしまうわけですので、このアナハイムって場所のメリットは旅行愛好家からするとかなり大きいです。

レンタカーでも行きやすい場所です。5号線をずっと走っていけば、球場もディズニーランドも同じ方向ですので、とてもわかりやすく旅行にも最適な距離です。

途中にはシタデル・アウトレット・モールもあるので、ショッピングも楽しめますが、もうひとつわすれてならないのが、アナハイムからドライブしてサウスコーストプラザまでドライブするチョイスです。この巨大なショッピングモールもせっかくなら立ち寄りましょう。


さらに時間があれば、ニューポートビーチ方面までドライブすると、西海岸ビーチエリアのドライブを存分に楽しめます。


大谷選手の入団は本当に野球だけでも心躍ることですが、それと同時にロサンゼルスの旅行にもかなり大きな動機を作ってくれたことになります。

本当に旅する気にさせてくれるニュースでした。




レンタカーの最安値検索、さらにモーテル&ホテルの予約は下記からお進みください。


       yakukuyoyaku.jpg



できましたらワンクリックおねがいします
にほんブログ村 旅行ブログ アメリカ旅行へ



shake2.jpg

前回に続いてハンバーガーの話題です。

シェイクシャック(上の写真)とイン・アンド・アウトのどっちがおいしいか・・・となると、おそらく半々くらいの意見になると思います。どちらも実際においしいハンバーガーです。

ロサンゼルスを中心に展開するイン・アンド・アウトは、今はカリフォルニアでは広く見かけるようになっていますが、もともとグルメなハンバーガーとして最初に一番人気が出たのがこのイン・アンド・アウトです(写真、下)

inout1.jpg


個人的な感想でいえば、おそらくイン・アンド・アウトのほうが安くてしかもおいしいと思ってます。この店のバーガーとポテトフライは、とてもライトな感覚でありながら焼き具合が味に伝わってきて香ばしいです。この香ばしさが、シェイクシャックにはどうも足りない感じがあって物足りないです。

シェイクシャックは日本でも食べることができますので、それは日本で味わうのもいいとするなら、カリフォルニアにてはまずイン・アンド・アウトからトライしてみたいところです。


とはいえ、どちらもおいしいのは事実。見つけたら一度は食べてみましょう。やはりバーガーの本場の味に納得できます。